Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
次回のSHRMコンピテンシー研究会は、11月28日(水)新宿住友ビルで開催されます。
0

    JUGEMテーマ:人事プロ(HR Professional)

     

      11月は、組織開発とその効果性Organizational Effectiveness and Development

    です。
     従来から、組織開発とは、一体どんなことを言っているのか、その効果をどう判断

    するべきなのかを考えます。

     一体どんな問題があるのか、どの様に分析して、どうフィードバックをすべきなのか、

    どんな対策を打つべきなのか、その組織改革のプロセスを考えます。

     いくつかの組織形態がありますが、どの様に使い分けたら良いのか、たくさんの

    ツール、たくさんの手法があっても、どう使い分けるべきなのかを考えたい方は、

    ぜひ参加ください。

       また、12月は、戦力マネジメント(Workforce management)です。

     この中には、たくさんの取り組みが含まれます。
     組織の再構築(Restructuring)、タレントマネジメント、パフォーマンス マネジ

    メント、後継者養成(Succession Planning)等々です。

     従来の目標管理(MBO)や、行動ベースの評価指標BARとの関係性も考えます。
    それぞれの関係性、取り組みのポイントをまとめます。

     この機会に、SHRMコンピテンシー研究会への参加されては如何でしょうか!

     

     一般的な解説書を読んでも、どうもピンとこないことが多いですが、次回の
    SHRMコンピテンシー研究会に参加することでその意味合いが徐々に明らかになります。

     次回は、11月28日(水)のSHRMコンピテンシー研究会は、いつもの新宿住友
    ビルにて開催します。 

    まだ、出欠の連絡を頂いてない方は、折り返し、出欠の連絡お願いします。

     SHRMコンピテンシー研究会で議論する内容は、他の研究会では、決して聞けない

    貴重な内容が沢山含まれています。

     ぜひ、この貴重な機会を有効にご利用ください。

    ------------------------------------------------------------------------------------------

    第34回 SHRMコンピテンシー研究会 

    テーマ:組織開発とその効果性Organizational Effectiveness and Development

    を考える

    -------------------------------------------------------------------------------------------

    開催日2018年11月28日(水)19:00ー21:30

        

    19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

    19:10-19:30 最近のSHRMコンピテンシー最新動向 JSHRM執行役員 石川 洋

    19:30-21:10 HR Expertise, Organization domain Part 1 

               組織開発とその効果性(Organizational Effectiveness and Development

        PwCあらた有限責任監査法人 HR Director SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

    21:10-21:30  自由討議と今後の予定

           

      今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

      住所:163-0211新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル11F

              株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                             

    <注意事項>

    11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

    19時までは玄関口でお待ちしています。

    19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012

    まで 連絡ください。

                 

     会費:会場の都合上、20名様まで無料ご招待とさせて頂きますので、早めに

    申し込みください。        

     尚、12月のSHRMコンピテンシー研究会は、12月26日(水)19:00から

    予定しています。

    -----------------------------------------------------------------------
    SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人
    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
    戦略的人財マネジメントセンター代表
    国際メンタリング&コーチングセンター代表
    株式会社スマートビジョン 代表取締役 石川 洋
    電話:03-5858-6930  Fax:03-5858-6931
    会社 http://www.smartvision.co.jp
    研究会ブログhttp://shrmcompetency.lpfrontline.com

    -----------------------------------------------------------------------

    posted by: hiroishikawa7 | 第34回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    次回のSHRMコンピテンシー研究会は、10月24日に、HRの組織構造をテーマに行います。
    0

       

      SHRMコンピテンシー研究会 会員の皆さん

       

        毎月のSHRMコンピテンシー研究会の開催予定は、JSHRM事務局の定期便にて案内

      しておりますが、ご覧いただけましたでしょうか? 

      または、下記のSHRMコンピテンシー研究会ブログからもご覧になれます。
      http://shrmcompetency.lpfrontline.com

       

       Technical CompetencyのPeople Domainが終わり、10月からは、Organization

      Domainに入ります。

       最初は、HRの組織構造Structure of the HR functionです。

      これからの人事は、行事的要素の強い、新規一括採用から、常時採用に変更になり、
      戦略的役割が一層重要になります。それでは、戦略的な役割を果たすには、どんな配慮
      が必要になるのかを考えたいと思います。
       特に、従来の縦組織を前提にしたものから、インターネットと同様なNetwork of 
      teams
      の考えかたを取り入れた現実的なネットワークへの転換も重要になります。

       また、HRにとって、利害関係者Stakeholdersとは、どこまでをいうのか、人事と

      組織横断的な関係とは?

       ウルリッヒ教授がいうShared service modelとは? Center of excellence

      (COE)の果たす役割とは、何なのか? Talent managementの中で、どんな機能を

      期待されているのか? 考えなければならないことがたくさんあります。

       さらには、人事指標(KPI)の中で、何が重要なのか? HR performanceとは、

       具体的には、何を意味しているのかを考えます。

       一般的な解説書を読んでも、どうもピンとこないことが多いですが、次回の
      SHRMコンピテンシー研究会に参加することでその意味合いが徐々に明らかになります。

       次回は、10月24日(水)のSHRMコンピテンシー研究会は、いつもの新宿住友
      ビルにて開催します。 

      まだ、出欠の連絡を頂いてない方は、折り返し、出欠の連絡お願いします。

       SHRMコンピテンシー研究会で議論する内容は、他の研究会では、決して聞けない

      貴重な内容が沢山含まれています。

       ぜひ、この貴重な機会を有効にご利用ください。

      ------------------------------------------------------------------

      第33回 SHRMコンピテンシー研究会 

      テーマ:HRの組織構造Structure of the HR functionを考える

      ------------------------------------------------------------------

      開催日:2018年10月24日(水)19:00ー21:30

          

      19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

      19:10-19:30 最近のSHRMコンピテンシー最新動向 JSHRM執行役員 石川 洋

      19:30-20:50 HR Expertise, Organization domain Part 1 

                  (HRの組織構造 Structure of HR function)

        PwCあらた有限責任監査法人 HR Director SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

      20:50-21:30  自由討議と今後の予定

             

        今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

        住所:163-0211新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル11F

                株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                               

      <注意事項>

      11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

      19時までは玄関口でお待ちしています。

      19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012

      まで 連絡ください。

                   

       会費:会場の都合上、20名様まで無料ご招待とさせて頂きますので、早めに

      申し込みください。        

       尚、11月のSHRMコンピテンシー研究会は、11月28日(水)19:00から

      予定しています。

      -----------------------------------------------------------------------
      SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人
      日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
      戦略的人財マネジメントセンター代表
      国際メンタリング&コーチングセンター代表
      株式会社スマートビジョン 代表取締役 石川 洋
      電話:03-5858-6930  Fax:03-5858-6931
      会社 http://www.smartvision.co.jp
      研究会ブログhttp://shrmcompetency.lpfrontline.com

      -----------------------------------------------------------------------

       

      posted by: hiroishikawa7 | 第33回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第32回SHRMコンピテンシー研究会 開催案内 次回は、Total Rewardsに関する話をします。
      0

         

        SHRMコンピテンシー研究会の皆様

        SHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの皆様

        グローバル展開する成長企業で、経営戦略を担当する方

        グローバルHRプロ認定 SHRM CP/SCPに興味をお待ちの方

         

        8月のSHRMコンピテンシー研究会は、おかげさまで、過去最高の13名参加と

        なりました。

         SHRMコンピテンシー研究会は、「世界最大の人材マネジメント協会SHRMが

        決めたHRプロ用のコンピテンシーを学びながら、皆さんの理解レベルをさらに

        かさ上げして、世界11万名いると言われるHRプロと対等に議論ができる人材を

        養う」ことを目的にしています。

         メイン講師をお願いしている馬場氏には、SHRM Learning Systemに掲載される

        テーマ毎の概要説明と簡単な演習をお願いしております。

         その他、最新のSHRM関連トピックスを私から報告させて頂きます。

        その中には、SHRMコンファレンスで発表されたりした最新のHRプロ認定に

        出そうな、あるいは最新出題されたトピックスも含めて、簡単な解説をさせて

        頂きます。
         研究会の進め方は、講師からの一方的な話だけでなく、参加者みなさんの反応

        見ながら、対応しますので、皆さんの率直な意見、質問、感想をいつでも歓迎

        します。

         この点が、一般的に日本でよく行われる講義とは相当違う進め方であり、いつ

        でも質問、コメントを歓迎します。講義の途中でもOKということです。

         日本では、「後でまとめて質問をお願いします」とのやり方ですが、米国では、

        いつでも歓迎するのが普通です。もし、肝心なところが、わからないと、後の

        説明が全て理解できなくなる可能性があるからです。

         一般的には、講師の他に、ファシリテータがいて、発言の順序や発言を許すか

        どうかを決めたり、交通整理するのが普通だと考えている人がいますが、米国式

        研究会の進め方では、この様なやり方をしません。

         これは、米国で行われる国際会議のConcurrent sessionで通常行われるやり方で、
        皆さんが将来参加する機会があった時の練習になる様との配慮です。
         一般的に、日本で行われる他の研究会とは違い、大変活発な議論が行われます

        ので、それに慣れて頂きたいと思います。

        8月の研究会では、大変活発な議論が行われましたが、これが米国でのよく

        行われる標準的なタイプと考えてください。


         次回は、9月28日(金)のSHRMコンピテンシー研究会は、いつもの新宿

        住友ビルにて開催します。テーマも、Total Rewardsであり、日本企業では

        あまり見られない形態も見られます。なぜ、この様な形で進めるのかの活発な

        議論を期待しています。

          参加申し込みの方は、hiro-i@smartvision.co.jp まで、連絡ください。

        ------------------------------------------------------------------

        第31回 SHRMコンピテンシー研究会 

        テーマ:Technical Competencyの基本、HR Expertiseを学ぼう!

        ------------------------------------------------------------------

        開催日:2018年9月28日(金)19:00ー21:30

            

        19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

        19:10-19:30 最近のSHRMコンピテンシー最新動向 JSHRM執行役員 石川 洋

        19:30-20:50 HR Expertise, People domain Part 1 

                    (Total Rewards)

          PwCあらた有限責任監査法人 HR Director SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

        20:50-21:30  自由討議と今後の予定

               

          今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

          住所:163-0211新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル11F

                  株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                                 

        <注意事項>

        11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

        19時までは玄関口でお待ちしています。

        19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012

        まで 連絡ください。

                     

         会費:会場の都合上、20名様まで無料ご招待とさせて頂きますので、早めに

        申し込みください。        

         尚、10月のSHRMコンピテンシー研究会は、10月24日(水)19:00から予定

        しています。

        -----------------------------------------------------------------------
        SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人
        日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
        戦略的人財マネジメントセンター代表
        国際メンタリング&コーチングセンター代表
        株式会社スマートビジョン 代表取締役 石川 洋
        電話:03-5858-6930  Fax:03-5858-6931
        会社 http://www.smartvision.co.jp
        研究会ブログhttp://shrmcompetency.lpfrontline.com

        -----------------------------------------------------------------------

        posted by: hiroishikawa7 | 32回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        次回のSHRMコンピテンシー研究会は、8月29日19:00 から、新宿住友ビルで開催します。
        0

          SHRMコンピテンシー研究会の皆様

          SHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの皆様

          グローバル展開する成長企業で、経営戦略を担当する方

          グローバルHRプロ認定 SHRM CP/SCPに興味をお待ちの方

           

           8月からは、Learning and Developmentに入ります。

          SHRM2018コンファレンスでも、70:20:10のセッションが好評でした。

           これを聞いただけで、何のこと言っているのか、わかりますか?

            これは、正しく、Learning & Developmentでの原則のことで、70%は、

          Learning from working(実践から学び)、20%は、Learning from Others

          (職場での学び)、残りの10%は、formal Learning(研修からの学び)

          が原則だということを言っています。

           また、「Training programで失敗する最大の理由は何か?」との問いに

          対して、皆さんは何と答えますか?

           それは、「スキルを学んでも、それを使う機会がなかった」が、最大の

          理由なのです。

           学んだスキルが、実践的ではなかったより、使う機会がないから、

          忘れてしまったことをより問題視しています。

           近年は、従業員エンゲージメントは、重要ですが、それ以前に、Employee

          Experience(スキルを使う機会があったのか)とか、meaningful experience

          (意味ある経験であったかどうか)が問われる時代です。

           皆さんの職場では、如何でしょうか?

           次回のSHRMコンピテンシー研究会では、Learning & Developmentとは、

          だけでなく、皆さん職場では、果たして「学びに溢れていますか、それを実現

          するには、どうしたら良いと思いますか?」に関しても、考えたいと思います。

           興味をお持ちの方は、ぜひ参加ください。

           

            現代のグローバル人事の考えかたは、従来の日本的人事と何が違うのかを

          学びたい方、グローバルで進められている人事戦略の基本から学びたい方、

          グローバル企業で、非常に重視されるエンゲージメントの考え方とその改善

          方法を学びたい方、今後は、一体何に力を入れるべきなのか、再度考えて

          みたい方は、ぜひ参加ください。 

           人事部だけでなく、人事戦略を進める経営管理や経営企画の方にも、参考に

          なる情報が多いこともあり、ぜひ参加をお勧めします。

           幅広いグローバル事例や知識を学べる素晴らしい機会になり、視野を広げる

          ことができます。

            次回も、最大20名の会場のため、先着20名様、無料招待とさせて頂きます。

          早めに、事前予約をしてから、お越しください。

          事前に, hiro-i@smartvision.co.jp まで連絡ください。  

           常連の方は、必ず出欠を事前に連絡ください。 

           

          ------------------------------------------------------------------

          第31回 SHRMコンピテンシー研究会 

          テーマ:Technical Competencyの基本、HR Expertiseを学ぼう!

          ------------------------------------------------------------------

          開催日:2018年8月29日(水)19:00ー21:30

              

          19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

          19:10-19:30 最近のSHRMコンピテンシー最新動向 JSHRM執行役員 石川 洋

          19:30-20:50 HR Expertise, People domain Part 1 

                      (Learning and Development)

            PwCあらた有限責任監査法人 HR Director SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

          20:50-21:30  自由討議と今後の予定

                 

            今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

            住所:163-0211新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル11F

                    株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                                   

          <注意事項>

          11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

          19時までは玄関口でお待ちしています。

          19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012

          まで 連絡ください。

                       

           会費:会場の都合上、20名様まで無料ご招待とさせて頂きますので、早めに

          申し込みください。        

           尚、9月のSHRMコンピテンシー研究会は、9月28日(金)19:00から予定

          しています。

          ******************************************************

          SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

          日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

          株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋  

           戦略的人財マネジメントセンター、代表

             国際メンタリング&コーチングセンター 代表

          電話:03-6432-2985, Fax: 03-6432-2986

             会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

             研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

          ******************************************************

          posted by: hiroishikawa7 | 第31回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          次回のSHRMコンピテンシー研究会は、7月25日19:00 から、新宿住友ビルで開催されます。
          0

             

            SHRMコンピテンシー研究会の皆様

            SHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの皆様

            グローバル展開する成長企業で、経営戦略を担当する方

            グローバルHRプロ認定 SHRM CP/SCPに興味をお待ちの方

             7月からは、いよいよEmployee Engagement and retention に入ります。

            社内の単純な活性化、モチベーションだけでなく、人材の維持・定着が

            一つにまとまり、より充実しました。

             欧米企業では、従来のPerformance Reviewの手法を効果的にすることで、

            EngagementやRetentionを大幅に改善できたという研究報告があります。

            このため、パフォーマンス マネジメントは、2017版のSHRM Learning  

            Systemでは、Employee Engagementの中で、詳しく説明しています。

             最新のパフォーマンス マネジメントでは、人事評価としてより、

            人材の活性化、さらには、人材育成の場として、とらえていることは、

            従来の上から目線の考え方から、社員目線で捉えようとしています。

             SHRM2018 conferenceにてPerformance management that makes a 

            difference, an evidence-based approach by SHRMという資料が発表され、

            無料でpdfファイルが配布されています。

            こちらから、ダウンロード可能ですので、ぜひご覧ください。

             

              ダウンロードには、時間がかりますが、これは、実によくできた資料で、

            皆さんも是非、一度ご覧ください。

             日本では、未だに人事評価とか、人事考課とか言って、上から目線でマネジ

            ャーが行うものだとの感覚が残っていますが、欧米企業では、メンバーの

            成長を目指した支援活動であり、Evidence-basedでマネジャーやリーダーが

            示せないといけないと言っており、結果だけ見て、個人の実績評価をするの

            では、マネジャーとしてやるべきことをしていないと言われています。

             重要な点は、マネジャーや現場リーダーが、効果的にエンゲージメントの

            改善に貢献したのかであり、これは、プロジェクト チーム全体の課題にも

            なります。

             現代では、効果的なエンゲージメント活動がなされているか、社員が

            定着しているのかも含めて、チーム全体で評価される時代なのです。

              従い、SHRM Learning Systemでは、Employee engagement and Retention

            として、一つの括りとして扱われるようになりました。

            グローバル企業では、従来の上から目線の個人評価ではなく、エンゲージメント

            環境がどのレベルなのかをPeople managementの視点で、総合的に判断される時代

            なのです。

              これらを含めて、現代のグローバル人事の考えかたは、従来の日本的人事

            と何が違うのかを学びたい方、グローバルで進められている人事戦略の基本

            から学びたい方、グローバル企業で、非常に重視されるエンゲージメントの

            考え方とその改善方法を学びたい方、今後は、一体何に力を入れるべきなの

            か、再度考えてみたい方は、ぜひ参加ください。

             

             人事部だけでなく、人事戦略を進める経営管理や経営企画の方にも、参考に

            なる情報が多いこともあり、ぜひ参加をお勧めします。

             幅広いグローバル事例や知識を学べる素晴らしい機会になり、視野を広げる

            ことができます。

              次回も、最大20名の会場のため、先着20名様、無料招待とさせて頂きます。

            早めに、事前予約をしてから、お越しください。

            事前に, hiro-i@smartvision.co.jp まで連絡ください。  

             常連の方は、必ず出欠を事前に連絡ください。 

            ------------------------------------------------------------------

            第30回 SHRMコンピテンシー研究会 

            テーマ:Technical Competencyの基本、HR Expertiseを学ぼう!

            ------------------------------------------------------------------

            開催日:2018年7月25日(水)19:00ー21:30

                

            19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

            19:10-19:30 最近のSHRMコンピテンシー最新動向 JSHRM執行役員 石川 洋

            19:30-20:50 HR Expertise, People domain Part 1 

                        (Employee engagement & Retention)

              PwCあらた有限責任監査法人 HR Director SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

            20:50-21:30  自由討議と今後の予定

                   

              今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

              住所:163-0211新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル11F

                      株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                                     

            <注意事項>

            11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

            19時までは玄関口でお待ちしています。

            19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012

            まで 連絡ください。             

            会費:会場の都合上、20名様まで無料ご招待とさせて頂きますので、早めに

            申し込みください。        

             尚、8月のSHRMコンピテンシー研究会は、8月29日(水)19:00から予定

            しています。

            *********************************************************

            SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

            日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

            株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋  

              戦略的人財マネジメントセンター、代表

               国際メンタリング&コーチングセンター 代表

            電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

               会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

               研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

            ********************************************************

            posted by: hiroishikawa7 | 第30回SHRMコンピテンシー研究会 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |